大きい顔でお悩みなら小顔にする治療を開始【脂肪吸引が代表的】

やっておくこと

診察

時間をかけましょう

小顔整形をするなら、多少の時間はかかったとしても、じっくりと腰を据えてやっておきたいことがあります。そうすることで後悔しなくてすむからです。中でもどのような方法で小顔にしてもらうのかは重要で、それによってどの美容クリニックに行くかが変わってくるのです。例えば小顔整形で最近選ぶ人が多いのは、ボトックスという薬を患部に注入する手術です。人気の理由はとても手軽に行えるからで、注射を打つだけなので早いところだと五分もあれば終わってしまいます。しかもボトックス注射の良い点は、極細の針を使用しますから、傷口が非常に目立たなくできるのです。そのため日帰りできるのが一般的ですし、たいていは次の日にはメイクができ、シャワーを浴びるなど普段に近い生活が送れます。ただし小顔効果が持続するのは約半年なので、こまめに通院をしてボトックスを注入してもらう必要があるのです。そこで検討すると良いのが、顎やエラの骨を削るものです。これなら一度小顔整形をしてもらうと、それ以降はずっと同じ状態をキープできます。小顔整形の中でも一番安価になる確率が高いのが、やはりボトックス注射です。高いところでも数万円程度ですし、安く行っている美容クリニックであれば、数千円というケースもゼロではありません。次にメスで切ったり糸で縫ったりする小顔整形ですが、こちらはボトックスに比べると高額になることが多いです。安くても数十万円は必要ですし、軽く数百万円はする場合も決して珍しくはないです。それから小顔になりたいのであれば、脂肪を吸引する方法もあります。これは小さな穴を開けて、そこにチューブを入れて吸い出します。特に顎の下にある脂肪を取り除くことで、いわゆる二重顎と呼ばれる状態を改善できます。すると正面や真横から見た時の面積が小さくなるため、小顔効果が得られるわけです。費用に関してはメスを使うものとボトックス注射のちょうど中間に、料金を設定されていると考えて差し支えがないです。いずれにしても、状態などによって若干料金は増減していきますから、担当の医師とよく相談しておくようにしましょう。