大きい顔でお悩みなら小顔にする治療を開始【脂肪吸引が代表的】

水平骨切り術の特徴

女性

顎に悩みのある人にお勧め

顎の骨が長く成長している、いわゆる「しゃくれ」で顔が大きく見えることに、コンプレックスを抱えている人も少なくありません。骨が要因となり顔が大きく見えるという人が小顔になりたい場合、美容外科クリニックでの美容整形を受ける必要があります。美容外科クリニックでは様々な小顔整形が行われていますが、顎が長い人が顔を小さくしたい場合に向いているのが「水平骨切り術」です。水平骨切り術は顎の骨自体を水平に切って余分な部分を取り除き、下顎の骨を短くするという施術を行います。顎の中間部分の骨が無くなることで顔の縦の長さが短縮され、小顔になるというのが水平骨切り術で顔が小さくなる仕組みです。水平骨切り術は骨を切るという大掛かりな手術となるので、費用の相場は約100万円前後と美容整形の中でも高額な部類に入ります。ですが大掛かりな手術ということは、それだけ大きく顔の印象が変わるということに繋がり、劇的な変化をもたらします。顎の骨が長く顔が大きいことにコンプレックスを感じている人は、水平骨切り術を検討してみてはいかがでしょう。水平骨切り術は顎の骨を短くして、顔の縦のラインを短くし小顔にするという美容整形の1つで、美容外科クリニックではポピュラーに行われている施術です。顎の骨を切ると聞くと顔に大きな傷跡が残るのではと、不安に感じる人もいるかもしれませんが、水平骨切り術は口の中を切開し施術を行います。口の中でも特に傷が治りやすい粘膜部分を切って、そこから下顎の骨を水平に切っていくので顔自体に傷跡が残ることはありません。下顎の真ん中部分を2か所にわたり骨切りを行い、その部分を取り除いた後は先端の骨とワイヤーで固定し、縫合して施術は終了です。水平骨切り術を得意としている美容外科クリニックは、ワイヤーで固定した後に下顎の骨を滑らかに整えてくれるので、仕上がりがキレイになります。小顔整形の中でも特に顎の骨が長く成長し、顔が大きく見えるという人に向いているのが水平骨切り術の特徴です。手術自体は全身麻酔で行うので施術時に痛みを感じることはなく、施術後も鎮痛剤の服用で痛みはコントロールできます。