大きい顔でお悩みなら小顔にする治療を開始【脂肪吸引が代表的】

クリニックで顔を小さく

注射

理想の顔は造れる

小顔整形は、美容外科クリニックでもとても人気の高い施術です。近年特に人気なのは、メスを使わずに顔を小さくする手軽な方法です。例えばエラにボトックス注射を行うことで筋肉を細らせ、顎のラインをシャープに引き締める小顔術はとても人気となっています。ボトックスには一定の持続期間がありますが、定期的に注射すれば理想の状態を保つことも可能です。骨から大きさを変えたい場合はメスを使った手術が必要ですが、どの部分をどうすれば理想の小顔を造れるかは、専門医とよく相談するのが一番です。美容外科クリニックでは、初診の時は診察しながらカウンセリングを行うことが一般的ですが、初回カウンセリングが無料のところも増えています。実際に治療を受ける受けないは別として、悩みを相談するだけならお金もかかりませんので、話を聞きに行きやすいのも人気の高い理由でしょう。また治療技術が進み、ほとんど痛みを感じなかったり、腫れや出血なども起こりにくくなっていたりすることも近年の整形人気を後押ししています。当然のことながら、治療を受ける側としては身体的にも金銭的にも負担が少ないのが一番でしょう。小顔になりたいとしても、具体的に顔のどの部分をどうしたら理想の顔になるかは素人にはわかりません。そもそも自分で鏡を見ながら悩んでいる時は、ほとんどが正面や斜め前からの見え方で考えてしまいがちです。実は顔を小さく見せるには横からの見え方も重要で、特に鼻の先と口、あごの先までを結んだラインが直線になるのが理想の顔立ちです。真正面から見た時の顔の余白を取り除けば、小顔になって美しくなれると錯覚しやすいのですが、実はそうとも限りません。専門医が見ると、理想に近づけるためには削るのではなく、逆に盛り上げる必要のある部分がある場合もあります。もちろん理想とする顔は人それぞれ違うかもしれませんが、目的は単に顔の面積を減らすことではなく、美しいと感じる顔にすることです。クリニックでカウンセリングを行うのは、その人の理想の顔のイメージをより具体的にするためであり、ベストな整形方法を見つけるためです。だから事前のカウンセリングにはしっかり時間をかけるクリニックを選ぶべきですし、施術内容にはしっかり納得することが大切です。