大きい顔でお悩みなら小顔にする治療を開始【脂肪吸引が代表的】

理想の顔は医師選びから

女医

アフターフォローも目安

美容整形外科が取り扱う小顔整形は、満足いく結果を望むためには念入りな準備が不可欠です。特にどの整形外科を選ぶかは、料金だけでなくフェイスラインの仕上がり具合にも大きく影響するため重要なファクターの1つと言えます。小顔整形に際しての美容整形外科選びで意識したい1つが、施術を行う医師のキャリアについてです。一般的に美容外科医は他の診療科で経験を積んでから就くことが多く、それまで重ねてきたキャリアがものを言う世界です。特に美容整形とも関連の深い形成外科出身の医師は技術や知識の面においても高いレベルにある人が多いとされています。そのため美容整形外科を選ぶときには、医院のサービスだけでなく医師についても十分検討する必要があります。もう1つ、小顔整形での美容整形外科の選定で重視したいのが、アフターフォローがしっかりと整っているかどうかです。小顔整形は人の目を集めるフェイスラインを変更する施術のため、希望に合わなかった場合の再施術制度や、小顔ボトックスのような定期通院が必要な治療では充実したサービスがあると望ましいためです。輪郭形成の美容施術の1つである小顔整形は、メスや注射を使って実際に顔を小さくしてフェイスラインを美しく見せる美容整形術です。施術を検討するにあたってはなぜ顔が大きく見えるかについて知り、自分はどの理由に当てはまるか理解しておくとより小顔整形に対する知識も深まります。理由は複数あり、生まれつきエラが張っていたり、フェイスラインそのものの歪みが関わっていたりするケースもあります。別の理由として年齢を重ねた場合、皮下脂肪が顔につきやすくなるため顔が大きくなることも起こり得ます。もちろん自己判断だけでなく、気になる場合は実際に医師に相談してカウンセリングと診療を受けて症状について正確に知ることも大切です。また小顔の施術方法も知っておきたい知識の1つです。小顔整形は注射療法や炭酸ガス療法のように手軽ですが持続期間が限られている治療と、外科施術による永続的な効果が望める治療があります。持続期間以外にも施術費用や、施術後のダウンタイムの長さも異なるため、この点も医師と話し合って検討することが望ましいです。