大きい顔でお悩みなら小顔にする治療を開始【脂肪吸引が代表的】

注射

クリニックで顔を小さく

小顔整形は現在とても人気の高い施術で、メスを使わない手軽な施術も増えて来ています。理想の顔に整えるためにはどのような施術が一番適しているかは専門医の診断によりますので、まずはカウンセリングで具体的な手段を提案してもらいましょう。

詳しく見る

女医

理想の顔は医師選びから

仕上がりにも影響するため小顔整形に際して美容整形外科を選ぶときは、医師のキャリアやアフターフォローを念入りに調べておきます。知っておきたい基本知識としては、顔が大きく見える理由は複数あって施術法もそれに対応して複数あることです。

詳しく見る

診察

やっておくこと

小顔整形をする前に、ボトックスにするのかメスを使うものにするかを決めておくと、どの美容クリニックに行けば良いか決めやすくなります。費用に関してはボトックスが一番安く、メスで行うものが高額になるのが一般的です。

詳しく見る

注射

美容クリニックが行うこと

小顔矯正施術は美容クリニックにいけば受けられますが、まずはアンケート用紙の記入とカウンセリングをしっかり受けるようにしましょう。術後の経過観察は美容クリニックを利用するうえでとても大切なことなので、慌てずじっくりと病院を利用するべきです。

詳しく見る

女性

水平骨切り術の特徴

水平骨切り術は顎の骨が長いという人が、小顔になりたいときにおすすめの美容整形です。下顎の中間部分を取り除き顎を短くします。施術は口の中から行うので顔に傷が残ることはありません。費用の相場は約100万円前後です。

詳しく見る

顔がなぜ大きく見えるか

看護師

治療方法いろいろ

顔が大きく見えると悩んでいる人のうち、その原因となっている特徴は2種類に分けられます。顔の形によって大きく見えている場合と、頭蓋骨の大きさや贅肉等によって身体に対し顔が大きい場合です。前者の場合、フェイスラインを整えることで悩みを解決できることが多いです。例えばエラで顔が台形のようになっている場合、エラの除去治療を行なう小顔矯正治療がおすすめです。エラにも骨でできたエラと筋肉でできたエラがあり、骨ならばエラ切り、筋肉ならばボトックス注射が適しています。また、全体的に丸顔であったり、鼻やアゴが小さいことで顔が大きく見えている場合は、ヒアルロン酸注射や自身の脂肪を注入して顔のパーツにメリハリをつける方法もあります。一方、骨格や贅肉などで身体に比べて顔が大きく感じてしまう場合は、物理的に小さくする方法をとる必要があります。骨であればアゴなど人体に影響のない部分を削る小顔矯正治療があります。贅肉の場合、脂肪吸引やマッサージなどのメニューがあります。美容整形外科では治療に入る前に医師による診察があり、患者がどういった原因でその悩みを抱えているのかを診断した上で治療法が決定されます。小顔整形は原因別で治療法が異なります。原因が肥満か生まれつきの骨格か、ないしは筋肉によるものかで、適した治療方法が変化していきます。肥満の場合はダイエットをメインとした施術となり、小顔整形の中では脂肪吸引が代表的です。リンパマッサージなどと違って効果に即効性がありますが、数日間テーピングが必要などダウンタイムがあるのが特徴です。生まれつきの骨格が原因の場合、骨を削る方法がとられます。特にアゴの骨を削ることが多く、エラ削りや骨削り、エラ切りなどと呼ばれています。アゴの骨が小さくなると顔の下半分がシャープになり、高い小顔効果が得られます。手術を行なうことになるので長期間のダウンタイムが必要ですが、効果が永続するのが特徴です。筋肉が原因となっている場合、ボトックス治療がよく用いられます。筋肉を小さくする作用のある成分を注射によって注入し、時間をかけて小さくしていく治療方法です。出血のない治療のため、身体への負担も少なくダウンタイムも短いのが特徴です。プチ整形の一つとして、小顔矯正治療の中でも人気の方法となっています。